HOME > スタッフブログ > 北海道社員旅行 その2

スタッフブログ

スタッフブログ|2019.07.16

北海道社員旅行 その2

3時過ぎに目覚めてしまいました。

やはり北海道の日の出は早く、357

天気も良かったので、ジョギングに出かけることにしました。

目指したのは、観光地としても有名な北海道大学。

 

クラーク博士の銅像がありました。

わずか9か月の赴任の間に、北海道大学の前身である札幌農学校で、農業だけでなく、キリスト教に基づいた教育がなされたそうで、「少年よ大志を抱け」のお言葉は、今なお色あせていません。

 

学内をジョギングしていると、重要文化財の看板がありました。

一般の方にも公開されているようですが、訪問時はまだ朝の4時過ぎなので、見ることはできませんでした。

更に散策してみると、ポプラ並木を発見。

これも北海道を代表する、名所です。

こちらも誰もいないので、いい写真が取れました。

学生さんもほとんどいらっしゃらず、お会いするのはご近所の方が散歩されている程度でした。

北海道大学を後にし、向かったのは大通公園のテレビ塔。

この時点で5時ごろですが、散歩していらっしゃる方が数人おられる程度。

スカイラウンジ(タワーの下の部分)からはバンジージャンプができるそうです。

しかし、営業時間は11時からということでした。残念。

ホテルに帰って、お風呂に入った後は、待望の朝食です。

バイキング形式なので、イクラも食べ放題。

まずは、さけいくらの親子丼、ジンギスカン、肉じゃが等を頂きました。

8時ドーミーインを出発。

最初の目的地は大雪山ロープウェー乗り場。

大雪山の5合目まで約7分だそうです。

このロープウェーは約100人乗れるそうで、9月からの紅葉のシーズンは満員電車のような城代だそうです。

さらにリフトを乗り継ぎ、7合目まで約15分で行きます。

7合目到着。

ここからは徒歩でないと山頂には行けませんが、まだ雪が残っているため、我々はここまで。

雪が解けるのは7月末ぐらいのようです。

しかし層雲峡一帯が見下ろせ、景色抜群。

朝食、たくさん食べたのに、そろそろ昼食時ということで、某ラーメン店に入ることにしました。

店内にはこのような張り紙が・・・。

「味に自信あり ごま辛味噌ラーメン まずければお代はいりません」とのこと。

これは食べてみなければいけません。

こちらがごま辛味噌ラーメン。

まずはスープを頂くが・・・。

あれ? おかしいぞ。

ごま辛味噌をお湯に溶かしたようなの味しかしない。よく混ぜてみるがやはり変わらず。

麺はもっちり感でまあまあ。

チャーシューは小生にとっては変わった味。〇〇っているのか?と思わせるお味。

張り紙に「まずければ・・・」の文言に目をやってみるが、そんなことなかなか言い出せない。

いい旅にするため、ここは黙ってお金を払って退散。

気分を入れ替えて、美幌峠、屈斜路湖を目指します。

3時間ほどの車移動後、ようやく美幌峠に到着。

後ろに見えているのが屈斜路湖です。

あまりにきれいだったので、組み立て体操の扇をやってみました。

また、あまりに景色がきれいだったので、写真を撮らせて頂きました。

乃木坂46の白石麻衣さんに見えてきます。

美幌峠の道の駅にはいつもの顔出し看板がありました。

これはやらなければいけません。

北見のカーリング ロコソラーレのメンバーが一人増えたように思えます。

おもわず「そだねー」って言ってしまいました。

2日目はここ屈斜路湖湖畔にあります、屈斜路プリンスホテルにお世話になります。

しかし、ここからすぐのところに、無料露天風呂がわいているので、そちらに向かいます。

和琴半島とは、屈斜路湖の中にある陸続きの島で、その袂に露天風呂がわいています。

こちらが脱衣所。

我々のほかに5~6人のおじさんとおばさんがいらっしゃいました。

もちろん混浴です。

お風呂の中を移動していると、おじさんから注意を受けました。

このお風呂の底には苔が沈んでいて、移動すると、それが舞ってしまうので静かに入りなさいとのこと。

素直に従います。

天然露天風呂ということで、シャンプー等の石鹸はもちろんなし、かつ使用禁止。

ということで、ホテルに戻って改めてお風呂に入ります。

夕食はホテルの飲み放題バイキング。

移動の疲れ、そして明日に備えるため、早めの就寝です。

 

一覧に戻る