HOME > スタッフブログ > 海部南部水道企業団 防災訓練

スタッフブログ

スタッフブログ|2019.10.04

海部南部水道企業団 防災訓練

海部南部水道企業団さんとは、愛知県西部の愛西市に位置し、愛西市(旧佐屋町・旧立田村に限る)・弥富市・飛島村・蟹江町の一部に水を供給しておられます。

91日は防災の日ということで、その翌日にあたる2日(月)に水道管が破裂したということを想定し、弊社からは凍結工法の実演をさせていただくことになりました。

初めに、伊藤工務課長よりご挨拶。

いつ何時災害がやってくるかわからないので、心の準備だけでなく、技術、資材などの備えも重要とのお話を頂きました。

 

早速、組合員さんが配管を組んでいきます。

当たり前ですが、さすがプロ。仕事が早い。

我々も準備に取り掛かります。

みなさん真剣に説明を聞いてくださっています。

凍結工法は知っているが、見たことないとおっしゃる方が大勢いらっしゃいました。

 

ここでよくあることですが、液体窒素にペットボトルをつけてみたり、草を凍らしてみたり。

工事現場でもよくあるシーン。

タオルも凍らしてみます。

一見、遊んでいるように見えますが、液体窒素による冷却能力の高さを伝えるには簡単な方法。

凍結による、凍傷や酸欠の怖さも同時に知っていただける良い機会です。

凍結後は、配管内の氷の様子を見て頂きました。

配管施工完了後は、バーナーによる解凍作業。

実際に見て頂くことができました。

最後に伊藤工務課長よりご挨拶で終了。

笑いあり、涙ありの楽しく、興味深い防災訓練でした。

お役に立てて幸いです。

また来年も呼んでいただけることになりました。

次回は消火栓の交換のデモを致します。

 

一覧に戻る

配管工事のお悩み、ご相談ください